にじいろ家族日記

実子と里子ちゃんの子育てや家族の事などの記録です

里子制度登録のきっかけ②

大阪2児餓死事件

f:id:rlog01:20200126003605j:plain

トラウマになるくらいな映画だときいているので私は見ていませんが、「子宮に沈める」と言う映画の題材にもなっているそうです。

 

大阪で3歳の女の子と1歳の男の子が犠牲となった虐待が起こり、ひっきりなしにテレビで放送されて、当時長男が1歳になったばかりだったので、同じ年齢の子どもが犠牲になったと思うと、すごく胸が苦しくなりました…

 

その後次女が生まれてちょうど大阪の姉弟と同じ、長男が3歳・次女が1歳になった時再びまたそのニュースを思い出しました。

 

当時3歳の長男は妹が出来たことで、張り切っていろいろとお世話の手伝いをしてくれたり、得意げに妹に見本を見せてくれたりしていて、1歳の妹もそんなお兄ちゃんを見てマネをしようとしたり、声を出して笑ったりしていて、そんな姿をほほえましく思っていて

 

きっと大阪の3歳の女の子もこうして弟と暮らしていたんだろうな…
お姉ちゃんはお姉ちゃんとして張り切っていたんだろうな…
と思うと胸がつぶれそうになるくらい苦しくなりました。

 

その他にも毎日のように放送される虐待のニュースを見て、
なんとかしたい。
何が出来るかわからないけど、なにか出来ることはないか…

 

と強く思うようになり、その時に新潟市が発行している市報新潟に里親募集の案内が出ていて、夫と話し合い里親登録にいたりました。

 

どんな理由があっても虐待は許される事ではないですし、決して擁護するわけではありませんが自分自身、現在子育てをしていてイライラしたり、いっぱいいっぱいになったりすることもあります。

 

そんな時に夫が話を聞いてくれたり、協力してくれる人がいてくれたおかげで、子供たちに対して感情的になることなく接することが出来ました。
本当に支えてくれる方々に感謝しています。

 

子育てするお母さんお父さんが、一人で抱え込む事が少なくなれば虐待も少しは防げるのではないかと思います。

 

 先日、私の住む新潟で小児科などに置かれている小冊子、はっぴーママにこんなサポート施設が紹介されていました。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

「親とよいこのサポートステーション はっぴぃmamaはうす」

  • 妊娠したけど身近に相談できる人がいない
  • 妊娠中、産後、外出するのもつらい
  • 第2子妊娠、上の子もいるのにつわりがひどい
  • 初めての子育て、赤ちゃんは泣いてばかり、何がなんだかわからない!

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

などなど、妊娠中でも産後でも、精神的・身体的に辛い時に利用できる所のようです。こういったサポートを利用してみるのも一つのてかもしれません!

新潟以外の都道府県でもこのような施設やサポートが受けられるところがあると思います。

 

NPOはっぴぃmama応援団 新潟市中央区 産前産後ケア - happy-mama-ouendan ページ!


NPOはっぴぃmama応援団 新潟市中央区 産前産後ケア - happy-mama-ouendan ページ!